みんなの手帳部

「みんなの手帳部」は、いろいろな手帳の活用方法を紹介するコンテンツです。
楽しい・面白い・便利な手帳の使い方をご覧いただき、ぜひ真似してみてくださいね!

カクゾウ
活動報告みんなの手帳の色んな使い方をご紹介! 活動報告

今日やることが一目で分かることが大事

岩瀬 奈穂さんの活動報告

更新:

Profile

プロフィール画像

株式会社東京ドーム 経営計画部 広報グループ 係長
岩瀬 奈穂 (いわせ なお)さん

慶應義塾大学卒業後、1998年に東京ドーム入社。
ここで自分が楽しい想い出を創ってもらったので、今度は自分からいろんな人へ想い出をプレゼントしたい、が入社の動機。
東京ドーム部に在籍後、ラクーア開発プロジェクトに参加。ラクーアオープン後に広報へ異動し、現在も活躍中。

会社HP http://www.tokyo-dome.co.jp

手帳で一日のやるべきことをチェック

岩瀬さんの仕事はアミューズメント施設を中心とした社外広報全般。東京ドーム、ラクーア(スパをメインにした商業施設)、東京ドームシティアトラクションズ(元後楽園ゆうえんち等)のイベント案内やプレスリリースの発行、メディア対応など多岐に渡る。今年の6月には配置換えがあり、さらに仕事量が増えたと笑う。「今まで使っていた見開き1週間タイプの手帳では書ききれなくなってしまい、今の手帳に変えました」。手帳は昔から好きで、学生時代から使っていたという岩瀬さん。当時はサークルや遊びの予定ばかりだったが、社会人になってからは本格的に使うようになった。現在使っているのは mini6サイズのシステム手帳。そこに1日1ページのスケジュール管理リフィールを綴じている。Bindexの「一日計画表」というリフィールで、左半分には15分単位のスケジュール記入欄、右半分にはその日にやるべきことを箇条書きできるチェックリストが付いている。チェックリストは上下2段に分かれ、上段には前日までに気づいた用件、下段には当日入った用件を記入している。夏休みやGW、クリスマスなど、繁忙期の2、3ヶ月前は広報が特に忙しい時期なので、やるべき用件で手帳がびっしり埋まってしまうことも多い。「忙しいときはページ内に書ききれなくなってしまうんですけど(笑)。とにかく、やるべきことを忘れないように全て書いておくことが一番大事です」。手帳は1日のスケジュール管理に特化している。

どこへでも必ず手帳を持ち歩く

岩瀬さんは以前、ラクーアの開発プロジェクトメンバーとして働いていた。「ラクーア立ち上げ時は、同時進行でテレビのドキュメンタリーも担当していました。あの頃はとにかく忙しすぎて手帳では書ききれず、普通のノートのページに線を引き、スケジュールやチェックリストを書いていました」。オープン後はラクーアの広報担当になり、そのまま広報としてのキャリアを高めていった。取材対応などで広い構内を案内するときも、手帳は必ず持ち歩くようにしている。岩瀬さんの手帳には、とっさのときに出せるよう、予備の名刺や駐車サービス券なども挟まれていた。
また、広報の仕事は時間の調整が腕の見せ所。取材や撮影がスムーズに進むよう事前に社内調整しておくことも大切だ。例えばラクーア内のスパの撮影は、人のいない清掃時間中にスケジュールを組む必要がある。しかし、露天風呂などの撮影は、一度抜いたお湯がまた満たされていなければならないため、その準備時間も計算に入れておくことが必要だ。広報担当は今年で3年目。やっと要領が掴めてきたという。

PRの影響力は大きいゆえに的確な判断が必要

イベントなどを立ち上げるときも企画段階から参加することが多く、すぐにメモが取れるよう、手帳には自由に書き込めるページが必須だという。ふと思いついたアイディアは手帳の巻末に綴じたメモリフィールか、別に持ち歩いているノートに記入している。「急いで書くので殴り書きなんです。人には見せられません(笑)」。前年の手帳も取っておき、今年のスケジュールの参考にする。毎年定例で行われているイベントなどは、先に鉛筆でだいたいの目安を記入しておき、今年の準備に役立てるようにしている。
広報という仕事では、今メディアが欲している情報を的確に提供するための技量が必要とされる。例えば、夏と冬では注目される要素が違ってくる。夏は「遊び」をテーマにしてイベントを前面に出し、冬はクリスマスのイルミネーションをメインにしたら、メディアの取り上げ数が格段に増えた。PRのやり方ひとつで、結果的には入場者数に大きく影響が出てしまうこともあるという。「営業や企画ががんばった思いを無駄にはできないので、慎重に綿密なプランを立てます」。これから秋に計画しているのは「ボディトリートメントフェア」。「スパ ラクーア内のエステ関連施設を対象としたスタンプラリー形式のフェアです。スタンプの個数に応じて、スパ入館券のプレゼントや、お好みのエステコースにご招待します。季節の変わり目で肌が乾燥しがちなこの時期に、集中的にボディケアできる機会を提供させていただきます。」。的確に言葉を選んで分かりやすく伝えてくれる岩瀬さんに、広報のプロの風格を見た思いだった。

今日やることが一目で分かることが大事イメージ 4

私の手帳のツボ

●1日1ページのスケジュールリフィールで、緻密な予定を管理
●いつでも手帳を持ち歩き、とっさの対応にも備える
●前年の予定を参考にして、今年の計画を練る
●仕事のペースや内容によって、使いやすい手帳に変える