みんなの手帳部

「みんなの手帳部」は、いろいろな手帳の活用方法を紹介するコンテンツです。
楽しい・面白い・便利な手帳の使い方をご覧いただき、ぜひ真似してみてくださいね!

カクゾウ
活動報告みんなの手帳の色んな使い方をご紹介! 活動報告

手帳の選び方

手帳部事務局員さんの活動報告

更新:

手帳の選び方イメージ 1

手帳を買おう!と意気込んで売り場に行ったはかれど
種類がありすぎて選べない!
なんて経験はありませんか?

自分にあった手帳を選ぶには 事前の自己診断が大切です。

「手帳を買う目的をはっきりさせよう!」

手帳売場で迷っている人の原因の多くが、手帳を使う目的がはっきりしていないこと。
「なんとなく使いたい」という動機だけでは、好みのデザインに目がいってしまったり、サイズ
やレイアウトを感覚で選んでしまいがちです。
手帳は365日、毎日使うものなので、自分はその手帳をどんな目的で使おうとしているのかをま
ずはっきりさせましょう!

手帳でできることはいっぱい!
何のために手帳を使いたいのか チェックしてみましょう

手帳の選び方イメージ 3

すでに手帳を使っている人の手帳の選び方は
今使っている手帳のふり返り診断がオススメです。

手帳の選び方イメージ 6

手帳を使う目的や必須条件が明確になったら
いよいよ 手帳を選んでいきます。
「手帳振り返り診断」の結果を踏まえて 手帳を選びましょう!

手帳は大きくノートタイプの「綴じ手帳」とリングタイプの「システム手帳」に分類されます。
それぞれに特徴や使い勝手は異なりますが、いちばん大きな違いは“毎年買い換えるかどうか”。
綴じ手帳は特別なタイプを除いて、年に1回の切り替えが必要。一方システム手帳はリフィール
を順次差し替えられるので、ゆるやかな移行が可能です。

手帳の選び方イメージ 8

サイズ選びで重要なのは“記入量”と“持ち歩く頻度”。
スケジュール管理がメイン、日記や業務の記録に使う、などそれぞれの目的に応じた記入スペー
スが確保されているかをチェックしましょう。
また同様に「出先や移動中も手帳を確認したり書き込んだりするか」「職場や自宅など決まった
場所で使うことが多い」など、自分が手帳を使うシーンをイメージすることで、理想的なサイズ
や重さが決まります。
「なんとなく」で選ばず、自分に合っているサイズをきちんと吟味しましょう。

手帳の選び方イメージ 10

手帳の大きさが決まったら
手帳の「基本のキ」であるスケジュール管理をするために
手帳のレイアウトを選びましょう
ここでは代表的な3つのレイアウトについて、使い方や記入例の大筋を把握してきましょう。

レフトタイプ
能率手帳ゴールドに代表される スケジュール管理とメモをバランスよく使いたい人にオススメ
のレイアウトです

手帳の選び方イメージ 12

バーチカルタイプ
1日に複数の予定が入る方にオススメのレイアウト
googleカレンダーやスマートフォンのスケジュール画面と同じ
時間軸が縦に並んでいるレイアウトです。

手帳の選び方イメージ 14

月間ブロックタイプ
細かい時間管理よりも長期的な視点で予定を管理したい人にオススメのレイアウト

手帳の選び方イメージ 16
手帳の選び方イメージ 17
カクゾウポーズ(喜ぶ)

手帳部長ブログコメント

1年間使う手帳だからこそ しっかり選びたいぞう♪
NOLTYならたくさんの大きさ レイアウトから選べるぞう♪