みんなの手帳部

「みんなの手帳部」は、いろいろな手帳の活用方法を紹介するコンテンツです。
楽しい・面白い・便利な手帳の使い方をご覧いただき、ぜひ真似してみてくださいね!

カクゾウ
活動報告みんなの手帳の色んな使い方をご紹介! 活動報告

本屋大賞 授賞式レポート

中の人(な)さんの活動報告

更新:

本屋大賞 授賞式レポートイメージ 1

 

 

 

本屋大賞 授賞式レポートイメージ 3

4月10日(火)行われました本屋大賞発表会に行ってきました!

弊社の手帳ブランド、「NOLTY」「PAGEM」が協賛する本屋大賞、今回で14回目の開催となります。

「全国書店員が選んだ いちばん! 売りたい本 本屋大賞」と題して全国の書店員の投票だけで選ばれます。

そして2018年本屋大賞に選ばれたのは

「かがみの孤城」 辻村深月(ポプラ社)

でした!

辻村さんには弊社、専務取締役 張 士洛より

・本革製オリジナルノートカバー

・余白ノート(公式通販限定販売)100冊

・NOLTY手帳

が贈呈されました。

本屋大賞 授賞式レポートイメージ 5

また、発表会では大賞以外の賞として『発掘部門』と題して刊行の新旧問わず、時代を気負えて残る本や、今読み返しても面白いと思う本が「超発掘本!」として発表されました。

 

2018年発掘部門「超発掘本!」に選ばれたのは

『異人たちの館』 折原 一(文春文庫)

著者の折原さんがとてもユニークなスピーチをしてくださり会場が盛り上がりました!

本屋大賞 授賞式レポートイメージ 7

推薦者の書店員、樋口さんはこの本が売れた証のスリップを片手に登場です。

本当にこの本が好きだ!という心のこもったスピーチには会場全体が引き込まれました。

樋口さんは高校生の頃にこの作品を読んで、こういう作品を多くの人に読んでほしいと思い、書店員になられたそうです。

本屋大賞 授賞式レポートイメージ 9

「翻訳小説部門」では

『カラヴァル 深紅色の少女』 ステファニー・ガーバー著 西本かおる訳 (キノブックス)

が選ばれました!

訳者の西本さんがスピーチをしてくださいました。

カクゾウポーズ(楽しむ)

手帳部長ブログコメント

商品の余白ノートは公式通販限定で販売してるんだぞう♪
「かがみの孤城」面白かったぞう♪