みんなの手帳部

「みんなの手帳部」は、いろいろな手帳の活用方法を紹介するコンテンツです。
楽しい・面白い・便利な手帳の使い方をご覧いただき、ぜひ真似してみてくださいね!

カクゾウ
活動報告みんなの手帳の色んな使い方をご紹介! 活動報告

文字でしか残せないもの

mayuさんの活動報告

更新:

私が普段愛用している手帳は
能率手帳ゴールド、トラベラーズノート、ほぼ日手帳の3冊です。

文字でしか残せないものイメージ 2

ですが、手帳を「手帳」として使うことは少なく
スケジュールは、ほとんどグーグルカレンダーで管理しています。

では、なぜ3冊の手帳を使い続けているのかというと
文字でしか残せないものを記録するためです。

その時の感覚や気持ちなど、五感を中心に書きとめています。

文字でしか残せないものイメージ 4

好みや、目の前の環境は時間とともに変わるけれど
手帳を後で見返すとアルバムと同じで、今とは違うその時代の自分のカタチがわかります。
だから記録ってすごく大切だと思うのです。

文字でしか残せないものイメージ 6

そんな私の主軸になっているのが能率手帳ゴールドです。

能率手帳には、トラベラーズノートのあちこちに散りばめて書かれたものの中から、特に思い入れのある内容をチョイスし、ギュッと集約して書いています。

文字でしか残せないものイメージ 8

基本的に能率手帳のフォーマット通り、見開き1週間で使います。

左ページのウィークリーには、その日の特筆したい気持ちや感じたこと、忘れたくない心の動き、そしてそれと関連している出来事や状況を一緒に書きます。例えば、「そのとき空には飛行機雲があった」とか、「サイレンがなっていた」とか、どんな小さなことでも書き込みます。
(そうすれば、読み返した時にさらに鮮明に思い出すことができるからです。)

右ページは、その週で感動した本の言葉のピックアップや、子供の言動で面白かったことなどを書きます。寝ているときにみた夢を書くこともあります。

このとき、内容を濃縮するために、見開き内に収まるように文字量を調整します。(シンプル化を図ります。)

文字でしか残せないものイメージ 10

また、左ページの上部にはその週のテーマを。

これはガチガチに守ろうとするのではなく、手帳を開くたびになんとなく目に入るゆるさです。
映画の中に出てきたお気に入りのセリフを書くこともあります。

こうして、選抜された内容だけを詰め込んだ、オリジナルの自己啓発手帳が出来上がります。
本来なら知らなくてもいいモノや情報ばかりが増え続け、余計な不安まで抱えてしまう雑多な日常の中で、「手放すことで見えてくる本当に大切なもの」を能率手帳で見える化できているような気がします。

能率手帳。
今では、自分を強く保つためのお守りのような存在に育っています。

カクゾウポーズ(喜ぶ)

手帳部長ブログコメント

手帳がお守りみたいな存在なんで うれしいぞう♪
その週のテーマを目標ではなくて、お気に入りのセリフを書くのはいいぞう♪