みんなの手帳部

「みんなの手帳部」は、いろいろな手帳の活用方法を紹介するコンテンツです。
楽しい・面白い・便利な手帳の使い方をご覧いただき、ぜひ真似してみてくださいね!

カクゾウ
活動報告みんなの手帳の色んな使い方をご紹介! 活動報告

生活の両輪のような存在

藤沢かなたさんの活動報告

更新:

生活の両輪のような存在イメージ 1

【能率手帳】

・仕事用手帳

・ 使いはじめのきっかけ:2015年の春から新しい仕事の担当になりめまぐるしく動き続けて半年、ふと、一日の中でどの業務にどれだけ時間を割いているのかを確認したくなりInstagramフォロワーさんからのお勧めもあって購入

・主な内容は一日の業務時間内における仕事ログ、月間業務スケジュール(ガントチャートを初めて使いましたが最初こそ使い方に悩みましたが今ではとても重宝するページに)、次週へのToDoなど

・記入は主にシャープペンシルや鉛筆(仕事中でもガシガシ書くので一番手許にある確率が高く、記入内容の変更に対応できる筆記具)

生活の両輪のような存在イメージ 3
【岩手県能率手帳】
・身辺雑記用手帳・使いはじめのきっかけ:仕事で能率手帳を使おうとしていた矢先の盛岡で偶然発見、そうだこれは身辺雑記用にしようと衝動的に購入・内容は興味の赴くままに徒然に、簡単な旅行記、本の抜き書き、万年筆に入れたインクメモや手紙の受取送付記録、観戦記、買物記録/欲しいものリストなど、また時々シールや紙を貼ったりラインをひいたり。県民手帳のように巻末には岩手県統計データ資料ページがあるのでたまに眺めてみたり(発見があって楽しい)・記入は殆ど万年筆で本当は全てを一冊にしたほうが身軽ではありますが、仕事とそれ以外とは別々の手帳に分けたかったので二分冊にしています。
どちらにも共通していいなと思うのは手帳の絶妙なサイズ感と、これまた絶妙な紙色と罫線色のバランスの良さです。落ち着いた佇まいでいつでも持ち歩きしやすく、ページを繰れば目に優しく、万年筆でも鉛筆でも或いは他の筆記具でもおおらかに受け入れてくれる感じがして、書いていても楽しく愛着が湧きます。

仕事時間あっての私生活、私生活あっての仕事時間、どちらが欠けても成り立たないしどちらも順調であってこそと常々考えているのですが、そんな中日々振り返りながら連綿と書き続けているこの似た表紙の二冊の手帳を改めて眺めていると、なんだかいまの自分の生活の両輪みたいな存在だなあと感じている今日のこの頃です。

カクゾウポーズ(喜ぶ)

手帳部長ブログコメント

2冊同時にNOLTY能率手帳を使いこなしてるなんてすごいぞう♪岩手県能率手帳気になるぞう♪