みんなの手帳部

「みんなの手帳部」は、いろいろな手帳の活用方法を紹介するコンテンツです。
楽しい・面白い・便利な手帳の使い方をご覧いただき、ぜひ真似してみてくださいね!

カクゾウ
活動報告みんなの手帳の色んな使い方をご紹介! 活動報告

care diary

PHATAKEYAMAさんの活動報告

更新:

care diaryイメージ 1

昨年秋に、夫より友人から頂いたよと、箱を渡されました。開けてみると黒い手帳でした。
夫も、お気に入りの手帳を既に用意していた事もあり、可哀想に1ヶ月近く放って置かれました。
私も、壁に掛けたカレンダーで自分は家族の予定も管理していたので、普段持つ手帳といえば、マンスリーのペラペラの手帳でした。

ところが、10月頃から、お口だけは達者な母を介護していた父が入院したり母も腰椎圧迫骨折するなど両親養介護となりパニックです。

両親の病院への付き添いやら、家でのお世話等を姉と義妹と手分けしながらスケジュールを調整です。
書き留めておく事も増えました、そこで思い出したのです手帳の存在を。

care diaryイメージ 3

でもまたまた可哀想な事を手帳にしてしまいました。
羊皮だなんて知らなかったので「care diary」なんてステッカーを貼ったり剥がしたり、本当は剥がれちゃったのですが、息子の一言でビックリしました、この金色は本物の金?まさか~!『能率手帳ゴールド』って書いてあるよ、能率手帳は知っていたものの、ネットで調べてみてビックリ本物の金でした高級!。

でももう遅かった。母から言われた心無い言葉や会話、医師やケアマネージャーとの打ち合わせや、父の様子等、往復90キロのドライブはキツイわーとか愚痴やぼやきも書きまくってしまったのです、それも汚字(ごめんなさい)。夫に話すと「良いんじゃないの記録しておくのも必要だよ」と、ですよね~。

care diaryイメージ 5

いよいよ母を私の住んでいる市内の介護施設へ入所させる方向となり、それからが身体的にもまた精神的にも大変でした、そんな中手帳が大活躍です。

母とのやりとりや、施設からの連絡事項、知らせてくれる父の様子等、愚痴やぼやきを含め全て書きました。また打ち合わせの際は、気になる事を忘れずに確認できましたし、外出先でも不自由はしませんでした。

不思議と書き終えると何となく落ち着いたのです。家族に報告する時も、笑い話にしたりして、明るく話す事が出来たような気がします。

ページをめくる感じやいつものペンで書いているのに、何となく良いんです。これが、書き味が良いという事なのでしょうか?不思議です。

care diaryイメージ 7

手帳と付き合い始めて10ヶ月が経ちました。
書き方にあまりこだわりは有りませんが、予定は色分けして記入します自分はピンク、夫は黒、長男緑、次男青で他の事は、Blue blackを使っています。

左ページには、予定と一行日記的なものを、右ページには、前述した通り色々なこと、本当に思った事色々書いてますね~。

でも、重要な事、例えば処方された薬や医師のアドバイス忘れてはいけない事は赤ライン入れたり色を変えて注意書きし、スペースが足りない時は白紙ページに飛びます、week no.を利用してw20などと枠付きで書いておきます。小さな数字は、息子たちへ渡したおこずかいです(単位千)。

最初は母の為のcare diaryと考えていましたが、今では自分自身にとってのcare diaryの様な気がします。
書いていくうちに気持ちを落ち着かせてくれる。最近は、愚痴やぼやきも少なくなり、あの時は大変だったなぁと見返したり、素敵に手帳を使われている方を参考に、写真を貼ってみたりマスキングテープを使ったり下手な絵を落書きしたり、楽しんでいます。

愛着も湧いてきて年が変わりこの手帳を手離す事に寂しささえ覚えます。夫には「ぼやき手帳」と呼ばれていますが、小さいけれど、たっぷり書けます。全て受けとめてくれる安心感。懐の深く大きな手帳です。

毎日持ち歩き1日に数回手帳を開けます、しなやかに手に馴染んでいます、手帳好きな方を真似して、「私の手帳もいい感じに育ってきました。」

来年の手帳は、未定です。時間を見つけて、手帳売り場をウロウロしたいと思います。
クリスマスプレゼントは「能率手帳ゴールド 」で良いよ、と夫に要求するかも。

カクゾウポーズ(喜ぶ)

手帳部長ブログコメント

愛着を持って、大事に使っているのが伝わるぞう♪
来年もNOLTY能率手帳ゴールドを愛用して欲しいぞう☆